日本の歯磨きの歴史

毎日行う歯磨き。

 

なぜ歯磨きをするようになったのかって考えたことあるかたいらっしゃいますか?

 

今日は日本人の歯磨きの歴史についてお話ししたいと思います。

ぜひ歯磨きの歴史を知って自慢しちゃいましょう!

 

歯を磨くこと

歯を磨くという習慣は、インドが始まり。

最初に“歯磨き”を提唱したのはなんとお釈迦様!

修行の最中に、弟子の口がとても臭いことが気になったお釈迦様が、口の中をきれいにすることを弟子に指導したそうです。

デル子
デル子
いつも世も口が臭いのは悩みだったんですね(笑)

その後、歯磨きが日本に伝わったのは、仏教の伝来のときみたいです。

庶民が歯を磨くようになったのは、江戸時代のことです。

 

日本に歯磨きが伝来する前も、実は縄文・弥生時代に、人々が歯を磨いた形跡が残っているという話もあるみたいです。

 

ただ、もちろんその時代に歯ブラシなんてありません。

では、何を使って僧侶たちは歯磨きをしていたのでしょうか?

それは、歯木(しぼく)といって、柳の小枝の一端を嚙んで房状にしたもので、歯を磨いていました。

 

その後、江戸時代になると、房楊枝(ふさようじ)が考案されます。

房楊枝とは柳や黒文字などの木の幹を割って小枝にし、その一端を煮て木槌でたたき房状に加工したものです。

 

これに注目した街の商人売り始め、庶民にも馴染みのある口腔ケア用品になったのです。

 

この房楊枝が、今の歯ブラシの元祖となるんですね

 

 

日本で始めての歯ブラシは?

明治5年に発売された鯨楊枝です。

(鯨髭に馬毛を植えた楊枝明)明治時代、歯ブラシは歯楊枝(はようじ)と呼ばれていました。

今のような歯ブラシという名がついた商品が登場したのは大正2年(1913年)。

ライオンさんの「萬歳歯刷子(ばんざいはぶらし)」が最初とのことです!

 

歯磨き粉がなかった頃はどうしていたの?

ハミガキ(歯磨き粉)がなかった頃は、塩を使い、指で歯を磨いていたようです。

丁子屋喜左衛門(ちょうじやきざえもん)の「大明香薬砂(だいみょうこうくすりずな)」が最初といわれています。

江戸時代は、若い男性がモテるために歯を白くしていたそうです。江戸で売られているこの粉を、お土産として買って帰る侍もいたようです。

デル子
デル子
んー、今も昔も歯が綺麗だとモテるのは変わらないみたいですね(笑)


 

虫歯になったらどうしていたのか?

江戸時代、治療を受けたり漢方などの薬が買えるのは、裕福な人だけでした。

庶民は、歯が痛くなると“困ったときの神頼み”と神仏に祈る、おまじないをしていました。東京、大阪、京都にある、歯の神様や歯痛地蔵はその名残とのことです。

また、当時は麻酔がなかったので、虫歯はそのまま抜いていたと言われています。

デル子
デル子
いやー、けっこうキツいですね・・・


麻酔なしの抜歯とか本当にただの拷問ですからね・・・。

 

歯磨きの習慣は?

江戸時代の人は朝起きたら朝食前に歯を磨いていました。

公家や武将などの上流階級の人々は、砂糖などの高級品を食べることがあったので、虫歯になることも多かったようです。

食後に磨くようになったのは、明治になってアメリカから口腔衛生の知識が入ってきてからでした。

 

 


以上、簡単ですが日本人の歯磨きの歴史です。

 

非常におもしろいですよね!

個人的にはお釈迦様が弟子の口が臭くて歯磨きしなさい!って言ったのと、江戸時代も歯を白く見せることはお洒落だったということが印象に残っています。

 

歯磨きの根本は今も昔も変わっていませんね~!

 

ぜひ知らない人とのデンタル話題にどうぞ!

まとめ

・最初に歯磨きをしたのはお釈迦様

・歯ブラシは最初「木」でできていた

・歯磨き粉がなかったときは塩と指で磨いていた

・江戸時代は、若い男性がモテるために歯を白くしていた

・江戸時代、庶民は歯が痛くなると“困ったときの神頼み”と神仏に祈る、おまじないをしていた

 

つい誰かに話したくなる!歯の歴史が楽しく学べる「歯の博物館」に潜入

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません

CAPTCHA